プロフィール

野島 貞吉先生
担当科目:基礎英文法、イディオム特訓
慶応Boyのカリスマ先生
留学に行った学生たちのだれもが崇拝するカリスマ的存在。
文法の裏に隠される欧米人の考え方をドラマ仕立てに伝授する基礎英文法の授業はトリビアがいっぱい!
1コマも休みたくないという学生続出。そんな慶応Boy の趣味はゴルフ。
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 国名の代名詞は、it でしょうか? | トップページ

2018年7月31日 (火)

another やthe otherの違い分かりますか?

シアトルも真夏です。連日快晴が続いています。日本のようなジメッとした湿度が無いので、その点は助かります。木陰に入れば、涼しい風を感じます。今日も、雲一つない真っ青な空に太陽がギラギラと輝いています。シアトルの夏はとても短いので、週末には多くの人々が公園や浜辺で日光浴を楽しんでいますね。

さて、夏の時期の課外イベントとして、恒例のクルーズ船見学会や、シアトル名所のレイニア山ハイキングが実施されました。シアトル・エリオット湾に停泊中のクルーズ船Ruby Princess号での船内見学が行なわれ、学生達は興奮気味に案内係の説明に耳を傾けていました。今回は、日本人女性が担当者で、英語と日本語を使って丁寧に説明してくれた上に、仕事の経験談も話してくれました。学生達には大いに参考になったと思います。

先々週はエドモンズ大学とカスケーディア大学が、先週はショアライン大学が、シアトルから南に車で2時間半のところにあるレイニア山へハイキングに出掛けました。太陽が照りつけてとても暑かったですが、大自然の絶景を楽しんできました。

Web Web_5
Web_2 Web_3

今回は、簡単な単語ですが、使い方を間違えると、ちょっと誤解を与えてしまうので、使い方に気を付けたい単語のお話です。基本単語のotherです。形容詞では、「他の」、代名詞では、「他の物・者」と言う意味がありますね。

TOEICの試験などで良く出題される定番の問題で、二つある中で、初めの物をoneで、 もう一つを the otherで受けることを知っているかどうかが問われます。

次のような例文が辞書には載ってます。
There are two roses in the vase. One is a white one and the other is red.
花瓶に二つのバラがあります。一つは白で、もう一つは赤です。


ちょっと補足をすると、a white one のone は、前に出た名詞を指す代名詞で、rose のことです。

文法的に説明をすると、二つある中で、先に一つを取って、後のもう一つを指した場合、そこには、一つしか残っていないので、必ず定冠詞のthe が付くことになります。

では、6個、7個の物が箱に入っている場合を例にして、一つあるいは数個を取り出すときの言い方を考えてみましょう。

最初の一つは、one
それから、一つづつ取れば、another
他の幾つかを取れば、others
そして、最後の一つであれば、the other
最後に、残り全部を取れば、the others

となります。


other が、代名詞と使われる時は、-s を付けて複数形にするか、the を付けることになります。
一つであれば、不定冠詞のan が付き、an other となるので、そこからanother と言う単語が出来上がっていますから。二つ以上であれば、複数形となるので、others となります。 the があると、最後の残っている全部と言う意味になりますので、「残っている」と言う英語をわざわざ言わなくて、the だけで、その意味を表します。


「他人」という意味で、other people と言いますが、この場合のother は形容詞ですよ。
代名詞で使われる時は、the が付くか、最後に-sが付いて複数形にすることになるので、単独でother だけでは出てきません。


まとめると、一つ、もう一つ、もう数個、残りの一つ、残りの数個 の英語は、次のようになります。
one
another
others
the other
the others


other 代名詞の時は、otherだけでは使われません。単独で単数を表す時は、anotherとなるからです。

今、あなたが麦わら帽子を買いに行ったとします。お店で、店員さんより一つの帽子を勧められて被ってみましたが、ちょっと小さく、もう一つあるは別の麦わら帽子を見せてほしいという状況での英語には、次のような言い方が考えられます。
ちょっとした言い方の違いですが、状況が全部違います。その微妙な違い分かりますか?

This straw hat is too small and tight.  Please show me the other.  もう一つ見せて下さい。
棚には、もともと2つの麦わら帽子しかなかったことになりますね。 otherにtheが付いていて、複数形になっていませんから。

This straw hat is too small and tight.  Please show me another.   もう一つ見せて下さい。
棚には、まだ数個の麦わら帽子がある状況で、その内のどれか一つの意味で、another となります。

This straw hat is too small and tight.  Please show me others.    他の幾つか見せて下さい。
棚には、まだ数個の麦わら帽子がある状況で、その内のどれか2つ、3つの意味で、others となります。

This straw hat is too small and tight.  Please show me the others.  残りの全部見せて下さい。
棚には、まだ数個の麦わら帽子がある状況で、その残り全部の意味で、the others となります。

the があるだけ、「残りの、最後の」の意味があることを覚えておきましょう! 
ネイティブは、another と聞けば、まだ他にいくつか有ると感じ、the other (s) と聞けば、これで最後だと感じます。

さて、ついでに、良く使われる表現で、some ….,    others …….. も覚えておきましょう。
Some people said yes and others said no. 
ある人達はYesと言い、ある人達は Noと言った。
 
意訳すると、「賛成した人もいれば、反対した人もいた。」 となります。

最後に、もう一つ紛らわしい言い方で、意味が全然違うものを紹介します。
The one ……,  the other ………. で、前者と後者の意味です。

We have two rooms, a large one and a small one. The one is my father’s and the other is mine.
部屋は二つ、大きいものと小さいものがります。 前者は父の部屋で、後者は私のです。

今回は、other に関するお話でした。では、また次回に!